テーマ:おすすめ商品

節蓮根のど飴を製造されている「山下製菓」に、工場見学に行ってきました。

咳が出やすいシーズンです。 こんな時におすすめなのが、体に優しい「節蓮根のど飴です」 材料は鹿児島産麦芽水あめ、ミネラル豊富な蓮根節の部分と実の粉末、そして、血液の質をよくしたり、自律神経を整えるくず粉(南九州産)、そして、国産生姜末、食塩を使った白砂糖など使わない甘さ控えめの懐かしい味の飴です。 これを製造されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいもろみ味噌ができました。

もろみ味噌を作りました。 と言っても、分量のしょう油と水を混ぜ、一週間ほど毎日混ぜて2週間で、美味しいもろみ味噌ができます。(この暑い時期なので、もっと早く熟成しました) ひしお(もろみ味噌)は、味噌やしょう油のルーツと言われる伝統食品です。そのまま、きゅりや豆腐、ご飯に乗せたり、納豆と混ぜたり、お料理の味付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知っておきたい介護用品

先月、高齢の母が転んで肩と膝を強打して動かせなかったので、救急車に来てもらいました やっぱり救急隊の方たちはすごかったです。 腕を支えらないので、三人で、ひょいとおしりと腰を持って、簡単にストレッチャーに乗せて病院に連れて行って下さいました。 結局、鼻を骨折、翌日から熱が出て、一週間の入院となりました。 退院して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほたる醸造さんに行ってきました。

ほたる醸造は鹿児島市郊外(郡山)にあります。 古い小学校の校舎を移築した趣のある建物で、みそやしょう油、甘酒、塩こうじの製造をされていて、最近は甘酒プリンが人気です。 人気のほたる味噌の麦みそは、南九州特有の麹歩合の多い、甘くてコクのある麦みそで、その材料は、佐賀産の大豆(ムラユタカ)、四国産の裸麦(マン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酵素のお話し会を開催しました。

お話し会「もっと知りたい酵素のこと」を開催しました。  日頃、酵素の作り方や使い方、その働きなどをメーカーさんから、いろいろと勉強になるお話をお聞きするのは店の私たちだけなので、これは勿体ないということで、今回のお話し会になりました。   今回は、国内で初めて酵素飲料を商品化した大高酵素の日隈弘明さんをお招きしてお話を伺いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お父さんと小学生のお嬢さんの、初めてのケーキ

 先日、閉店前にお父さんと小学生のお嬢さんがみえて、今からお母さんのお誕生日ケーキを作りたいから教えてほしいとのご依頼がありました。 何しろ二人ともケーキを作るのは初めて、オーブンも故障中ということで、失敗なくお誕生日ケーキ作るには、ウ~ン、何がいいかなー??と悩みましたが、結局ホットケーキミックスで蒸しケーキを作って、それにデコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野草のシーズンです。スギナで何を作りましょうかね~。

身近にあるよもぎやスギナが日々成長しています。 つい時期をのがしてしまったりするので、今年は早速摘んで乾燥させています。 普通農家では、厄介者扱いのスギナですが、その薬効は「スギナは万病に効く」という本がある程です。 今回乾燥させたスギナは、細かくすってスギナ塩やふりかけにしようと思います。 スギナはカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うさとの服展」を開催しました。

 「うさとの服」は、タイやラオスなどで、手紬、手織り、草木染めの お洋服です。 コットンは綿花から手で糸を紡ぎ、その糸を身近な草木で染め、 昔ながらの機織り機で布を織っていきます。 そして、一枚一枚心を込めて織られた布を、デザイナー さとううさぶろうさんの、なるべく無駄のないようなデザインで 一人の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆ご飯を炊きました。

グリンピースを収穫したので、昨日は、「豆ご飯ごはん」を 炊きました。 昨日は料理教室だったので、いつもの朝食は教室でさっさと動ける ように頂かないのですが、朝4時から起きていたので、お腹が すいていたのと、その美味しそうな香りの誘惑につい頂いてしまいました。 ひじき煮も煮上がって、ご飯と、味噌汁、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紡ぎ、手織り、草木染め服「うさとの服展」を開催しました。

毎回楽しみにしていただいている「うさと展」です。 あまりの人気に品薄になって、今回は少し商品が 少なかったのですが、3日目に見えても、みなさんお好みの お洋服があって喜んでいただけました。 うさとの服は、布の希望、納期もなくて、現地の人が 気の赴くまま織り上げた布を、うさぶろうさんが 大事にデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紬、手織り、草木染めの服「うさとの服展」を開催します。

「うさとの服」の糸は、綿花やまゆ、麻から紡ぎ、手撚りしたものを、 身近にある草木(皮、チップ、実、葉)や泥を使って染めます。 そして、それを、タイの人が作った素朴な機織り機で一反、一反丁寧に 織り上げてできた布を、1人の人が最初から最後まで縫い上げます。 愛情を込められて、1枚、1枚作られた「うさとの服」は、身に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旧暦美人ダイアリー」、届きました。

毎年人気の「旧暦美人ダイアリー」(手帳)です。 月の満ち欠け(満月新月)、時候の挨拶や旬の味覚、五節句、 雑節など、旧暦月の歳時記が載っています。 また、季節に合わせた身体の整え方を 紹介する旧暦美人コラムでは、今年は季節ごとに身体を 整えながら「美しい所作」を身につける方法なども紹介されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more